医療従事者の確保

メディカル・コラムでは、広告という視点から、医療機関の広告の現状と、医療制度の変化・集患問題・従事者確保問題などなど、幅広く情報を発信いたします。医療機関に携わる方々のご参考になりましたら幸いです。

入職希望者の気持ち

集患のみならず医師、看護師、作業療法士、 理学療法士などの医療従事者の確保のためにも大事なツールです。
入職希望者は、応募する医療機関のWebサイト(ホームページ)を見て、他の競合医療機関といろいろ比較をします。

地域包括ケアシステム

更に厚生労働省が地域ごとに導いている地域包括ケアシステムでは、医療・介護の施設間の連携が重要課題といわれています。自院を地域の中でアピールするのもWebサイト(ホームページ)の大きな役割といえます。

広告は集患にはとても大切です

広報や、広告部門をもっている医療機関は少ないと思います。しかし広告は集患にはとても大切です。
業務多忙な事務長では兼任することは困難です。しかし広報担当者の新規採用はコストアップにつながります。

医療分野で実績のある制作会社にアウトソーシングし、良き相談相手になってもらうのが納得感もあり有効ではないでしょうか。
制作していく中で経営課題がいろいろと見つかった場合は、さらに議論ができていく。そんな制作体制があると嬉しいですね。