宮崎の介護施設に行ってきました。その1。

こんにちは。
メセナメディカルです。

宮崎はとてつもない暑さです。
猛暑です。日本列島全体がそうです。

それはさておき、
宮崎の介護施設の社長、専務、担当者の方々とお会いして色々とお話を伺うことができました。

最初に言われたのは従業員の方々の雇用に対する言葉でした。
「働きやすい職場でありたい」

そして、入居をお考えの方々に対しては
「評判のいい施設でありたい」

両輪で物事を考える
どちらもわかりやすい言葉でした。

日本全体が人手不足の中、現場の方々の離職率が大きく変わったそうです。
当初は高かった離職率が、大きく下がったそうです。

理由は何か
1待遇の改善を行う
2働きやすい環境を整える
ことに邁進しているとのことでした。

「働く女性を応援する」
言うは易し、行うは難しです。

この施設は、働くお母さんを応援するために
保育園まで作られました。
先生が5人。園児が25人前後。です

障害者雇用も進めておられます。
素晴らしい笑顔の方ともお会いしました。
障害者の方だそうですが、僕には全くわかりませんでした。

就職を目指す障害者のための就労移行支援事業所「LITALICOワークス」
においても企業講話なども行われているようです。

加えて
訪問看護の分野も視野に入れた活動をしていく。
介護の施設では、まだそこまでやっていないから「やる」
そんな大きな目標もお持ちでした。

上に書いた内容の詳細は、またここに書かせていただきます。

私たちが手伝えることは何か
Webサイトのリニューアルだけではない、大きな「やりがい」のようなものがあると感じています。

宮崎の朝。
ホテルのコーヒーショップにて。

メセナメディカルからひとこと。
「つくる」の次にあるのは「伝えること」だな、と思いました。
「ひと」の大切さをしみじみ痛感しました。